サロンで介護脱毛

介護脱毛メリット・デメリット

豊かな老後を生きるためにあらかじめ準備をしておくことを、老い支度と言います。老い支度には経済的な貯えから健康対策、趣味に至るまでさまざまなものが含まれますが、身だしなみもその1つです。特に最近では、将来介護を受ける立場になった時に備えるエチケットの一環として、介護脱毛を希望する人が増えてきています。

40・50代に急増? 介護脱毛する人が増えてています!

脱毛と言うと、一般にはワキや背中、二の腕など、露出の多い服を着た時に人目に付きやすい部分のムダ毛を処理するものというイメージがあります。ところが最近では、普段は隠れている部分、具体的にはアンダーヘアの脱毛を希望する人が、40代・50代を中心に増加しています。その理由は、多くが「年を取って介護を受ける立場になった時に、トラブルを避けたいから」というものでした。そこで、こうしたニーズを一般に介護脱毛と呼んでいます。

年齢を重ねると身体の抵抗力が弱まり、ささいなきっかけから感染症などのトラブルを引き起こすことがあります。そのため、衛生面にはことのほか気をつかう必要があるのです。ただ、要介護状態になると自力で入浴することが困難になるため、身体を常に清潔に保つのは大変です。介護脱毛は、局部やワキなどの毛を処理することで清潔な肌環境を維持し、健康リスクに備えることを目的としています。

では、なぜ40代・50代なのか、実際に介護を受ける前に処理するのかというと、これは脱毛のメカニズムに原因があります。美容クリニックやエステサロンなどで一般に採用されている脱毛法では、黒い色に反応する特殊なレーザーや光を使って毛を処理するので、黒いメラニン色素を持たない白髪は処理しにくいという特性があります。そのため、ヘアが白くならないうちに計画・実行しておく必要があるのです。

介護されるために選ばれている介護脱毛

介護脱毛を行うこと、すなわち局部やワキを無毛状態にすることには、さまざまなメリットがあります。最も顕著なのは、先にも述べた通り常に清潔な状態を保てることです。局部やワキは汗をかきやすいためどうしても雑菌が繁殖しやすいですし、寄生虫が発生する可能性も少なくありません。アンダーヘアについては、排泄の際に汚れが付着してしまうこともあります。これらを放置しておくと、デリケートな部分であるだけに肌荒れの原因となります。また、菌が尿道に入って膀胱炎を引き起こす可能性もあります。あらかじめ毛を処理しておけば、こうしたリスクを減らすことができるようになります。

このことは、本人だけでなく介護する側にとってもメリットとなります。排泄の後始末や入浴の介助をする際も、毛がある状態であれば特に入念な世話が必要となり、その分だけ負担が増えます。また、匂いなどが気になることもあります。介護脱毛を行えばこうした負担の軽減を図ることができます。

さらに、心理的なメリットもあります。年齢に関係なく、自分のアンダーヘアを人に見られるのはやはり恥ずかしいものです。しかし自力で入浴が行えないとなると、介助者の手を借りないわけにはいきません。そうした場合でも、ヘアを完全処理しておけば、羞恥心を和らげるのに役立ちます。

介護脱毛のデメリット

多くのメリットがある介護脱毛ですが、いくつかデメリットもないわけではありません。ただしそれらは介護脱毛ゆえのデメリットというわけではなく、脱毛処理全般に全般にまつわるものです。

デメリットの筆頭として挙げられるのが、処理時に痛みがあることです。レーザーや光を用いて行う脱毛は発毛をつかさどる細胞組織にダメージを与えるため、感じ方に個人差はありますがそれなりの痛みを伴います。ただ、最近は技術の向上によって以前よりも痛みは軽くなっていますし、医療機関で施術を受ける場合は希望すれば麻酔を使ってもらうこともできます。それに、介護脱毛は必ずしも完全にツルツルにしなければならないというものではありません。痛みに耐えられる範囲内でいくらか毛の量を減らすだけでも、一定の効果はあります。

もう1つのデメリットは、いったん処理すると元には戻せないということです。人の考え方はさまざまで、ヘアを他人に見られるのが恥ずかしいという人もいれば、無毛状態を見られるのが恥ずかしいという人もいます。処理をする前に、まずは自分自身の気持ちをよく考えてみる必要があります。

また、先に述べたように白髪は処理しにくいというのも、デメリットのうちに数えられます。そのため、処理をするのであれば40代・50代のうちに決断した方がいいということになります。

まとめ

自分が年を取って介護を受ける状態になるというのはなかなか想像しにくいものですが、実際に親の介護に携わった経験があったり、介護職員として働いたりしたことのある人であればかなり切実なイメージを持つようになります。介護脱毛の必要性も、医療機関が実施したアンケート調査の結果などを見る限りでは自ら介護を経験した人ほど強く感じている傾向が見られます。