介護脱毛とは

あなたは脱毛サロン派?医療脱毛派?

いくつかの脱毛種類がありますが、大きく分けると脱毛サロンと医療脱毛の2つです。若い時代を得てシニアへと向かう過程で、将来介護が必要になったときのことを、40代から50代は真剣に考え始めます。準備としてやっておきたいことの一つが介護脱毛であり、自分のためでもありますが、周囲への配慮のためというのも理由に挙げられます。

40・50代に急増? 介護脱毛する人が増えてています!

働き盛りの40代から50代は知識も経験も積み上げてきて、家庭を築いたり若い頃よりも多くの収入を得るときであるだけに、若年層とは違った意味で人生を謳歌する時期です。20代や30代ではまだ先のこととして現実味がなかったシルバー世代にも近くなってくるため、老後のことや、もし自分に介護が必要になったときのことまで、現実的に考える年代でもあります。現代では40代から50代で介護脱毛を検討する割合が増えています。理由としては、介護が必要な立場となったとき、周囲にできるだけ迷惑をかけたくない気持ちが大きいためです。自由に動いて自分のことは全てできるうちは良いですが、介護が必要になりトイレも自分でできなくなったとき、大人用のおむつを使うことになります。若いうちはイメージしにくいですが、排泄介助が必要になることがありますし、不衛生にしておきたくないと考える人が大半です。おむつが必須になったとき、老廃物による炎症の発症や感染症にならないとも限りません。また、日本人は年齢が上がるほど白髪が多くなってきますが、これは毛髪だけのことではなく、体毛も白髪になります。毛が白いとメラニン色素がないため、脱毛をすることができません。だからこそ毛がまだ黒く自分の身体を自由に動かすことができて、経済的にも余裕のある時期に、脱毛を済ませておくのがベストです。

脱毛サロンで介護脱毛するメリット

すでに多くの人が前向きに検討をしてスタートしている介護脱毛ですが、脱毛サロンでするか医療脱毛を選ぶかは悩ましいところです。美容クリニックや美容皮膚科などでできる医療脱毛を選ぶ際、医療脱毛派の利用者たちが実感するのは医療免許を取得していることへの安心です。また脱毛の種類としても医療レーザー脱毛は、高い出力設定が可能なため、短期間での脱毛の完了を目指すことができます。できるだけ早く終わらせたい人や、お医者さんのいる安心感を求める人にはうってつけです。美容のプロが担当をする脱毛サロンでの介護脱毛ですが、クリニックにはないメリットをもっています。エステサロンで導入をするのは光脱毛のマシンであり、エステ機器なので照射される光はレーザーほど強くはありません。強力なレーザーは肌への痛みを強く感じやすいものの、エステの光は我慢できないほどの痛みではないです。VIOは若干強く痛みを感じることがあっても、回数を重ねると痛みは軽減します。エステサロンというリラックスのできる心地の良い空間であり、人をキレイにするのが仕事の場所ですから、通うのも楽しみになるくらいです。費用面でも医療脱毛より、脱毛サロンの方がリーズナブルなので、お財布に優しい脱毛を求めるならエステがそれに応えてくれます。近年美容系クリニックは増加していますが、それでも全国的に店舗数が多いのは脱毛サロンです。

脱毛種類の違いはどれぐらいあるか

介護脱毛を前向きに考えたとき、脱毛種類が気になるところです。脱毛サロンや医療脱毛にワックス脱毛、家庭用脱毛器による方法などがあります。プロに依頼をして着実に毛量を減らしていくのであれば、脱毛種類として選ぶべきなのは、光を使う脱毛サロンかレーザーでの医療脱毛です。クリニックで採用をするのは医療レーザー脱毛のマシンであり、正式な医療機器になります。そのため高い設定出力ができますし、マシンを取り扱うことが許可されているのは、医療の国家資格を持つ医師か看護師のみです。肌や毛の状態を毎回確認しながらの照射にはなりますが、それでもレーザーは強いので自己処理がかなり楽になるまでには、1年弱ほどが目安になります。痛みが強いことと費用面が高いのは医療脱毛の難点です。医療脱毛派の大人も増えてはいますが、脱毛サロンはも負けることはありません。採用をしているのは黒いメラニン色素に反応をする光脱毛であり、医療脱毛のように永久性はありませんが、着実に減毛をして行くことが可能です。レーザーより弱い光のパワーは痛みも少なく、光のあたたかさに施術中は眠くなってしまうこともあります。クリニック脱毛のような短期間での完了ではありませんが、お財布にも優しくて、エステなので照射後の肌のトリートメントにも満足できます。

まとめ

他人ごとではなく、いつか自分にもやってくるかもしれない介護のことは早めに向き合う必要があります。身体が動くうちに済ませておきたい一つが脱毛であり、利用する施設として検討をするのは脱毛サロンか医療脱毛です。どちらにもメリットはありますので、完了までの早さや痛みの強さ、費用面の違いなど、総合的に納得できる施設を選びましょう。