介護脱毛とは

【気になる!】みんなはどの部位を脱毛するの?

最近では介護脱毛というものが話題になっています。介護とムダ毛はあまり関係ないように感じられるかもしれませんが、実は40代以上の人から注目を集めているのです。介護脱毛ではどの部位の施術を受けるのかということやどんな人が施術を受けるのかについて知っておくと良いでしょう。ムダ毛が無くなることで実はさまざまなメリットがあります。

40・50代に急増? 介護脱毛する人が増えてています!

介護脱毛ではデリケートゾーンやワキなどのムダ毛を処理しておくのが一般的です。これらの部位のムダ毛は他人に見られた時に恥ずかしいですが、いざ介護される側になるとムダ毛の手入れをすることは難しくなるでしょう。そのため自分が介護されることを考え、事前に処理する人が増えてきたのです。デリケートゾーンやワキのムダ毛が無くなることにより、さまざまなメリットがあります。最も大きなメリットはデリケートゾーンやワキを清潔に保ちやすくなるということです。特にデリケートゾーンは排泄物の汚れがつきやすく、清潔に保つのが難しい部位です。介護士はデリケートゾーンのケアまで行ってくれますが、ムダ毛がたくさん生えている人よりも生えていない人の方がケアをしやすいということです。かつてはデリケートゾーンのムダ毛を処理することはあまり一般的なことではなかったですし、40代以上でアンダーヘアを整えることに抵抗がある人も多いかもしれません。しかし、介護の観点から言うと、アンダーヘアの処理は見た目だけの問題ではないと考えられるのです。デリケートゾーンにムダ毛があると蒸れやすくなりますし、排泄物が付着して炎症に繋がる可能性も高くなります。ムダ毛が無くなれば排泄物をしっかり拭き取れるようになるため、肌トラブルのリスクを軽減できるでしょう。結果として介護する人の負担を軽減することができるのです。

介護脱毛で脱毛する部位はどこか

介護脱毛をしたいという場合、どこまでムダ毛を処理すると良いのかチェックしておきましょう。デリケートゾーンはVラインとIライン、Oラインという3つの部位に分けることができます。介護に備えて脱毛するならVIOライン全ての施術を受けるのがおすすめです。まず一つ目の方法として、アンダーヘアを完全に無くすという方法があります。ムダ毛が無くなることで排泄物がムダ毛に絡まることはなくなりますし、最も清潔を保ちやすく成ります。しかし、ムダ毛が完全に無くなると不自然な印象になってしまいますし、違和感を覚えることもあるでしょう。完全に無くすことに抵抗がある場合、Vラインは少し毛を残し、IラインとOラインは無毛状態にするという方法もあります。介護に向けてムダ毛を処理する人の多くはこちらの方法を選んでいます。Vラインだけは生えている範囲を小さくし、自然な形で残しておくことになります。ムダ毛を完全に無くすわけではないので、恥ずかしさは少ないでしょう。もともとVラインは排泄物が付着しにくいですし、多少残しても特に問題はありません。IラインとOラインについては排泄物が絡みやすいため、完全にムダ毛を無くすことをおすすめします。デリケートゾーンのムダ毛を綺麗にしておくことにより、介護される時だけでなく日常生活においても排泄物を拭き取りやすくなりますし、デリケートゾーンを清潔に保ちやすくなります。

すこし勇気がいるVIO脱毛。どんな人はやっておくべき?

VIO脱毛はどんな人におすすめなのかということですが、毛量が多い人や太くて濃いムダ毛が多い人などに向いています。介護士はデリケートゾーンのケアを毎日してくれます。しかし、ムダ毛が多いとしっかり洗うことができませんし、デリケートゾーンの清潔を保ちにくくなってしまうのです。不衛生な状態で過ごした場合、尿路感染症などを引き起こすこともあるので注意しましょう。デリケートゾーンは介護される側になった時に自力で手入れをすることが難しく、清潔に保つためには他の人の手を借りる必要があるのです。デリケートゾーンのお手入れが不十分だった場合、臭いや痒みなどを引き起こす可能性も考えられます。不快感を軽減したい場合にも介護脱毛を行っておいた方が良いでしょう。おむつ着用をすると想像以上にデリケートゾーンの蒸れは不快です。免疫力が低下した体では、蒸れによって引き起こされる痒みや感染症を防ぐことも難しいですし、一度病気になると完治にも時間がかかります。恥ずかしいと感じている人や、介護なんてまだまだ先のことだと考えている人も多いかもしれません。しかし、先延ばしにしていると場合によっては脱毛できなくなってしまうこともあるのです。一般的には4050代になると白髪が増え始めます。脱毛で使用する光やレーザーや光はメラニン色素に反応する仕組みであり、白髪に対しては効果が出にくくなるので注意しましょう。

まとめ

中高年の女性がエステサロンに通うことは今まであまりありませんでした。脱毛と聞くと若者がするものだと考えている人も多いでしょう。しかし、デリケートゾーンの介護脱毛にはさまざまなメリットがあるため、40代の女性を中心に人気が高まってきています。自分が介護をされる側になった時のことを考え、早いうちにお手入れをしておくのがおすすめです。

【PR】ミュゼのVIO効果を徹底解説